So-net無料ブログ作成
検索選択

Groovy の日本語の情報源は? [groovy]

Groovy の日本の情報源は少ない。特に書籍は 2 冊しかない。

Groovyイン・アクション

Groovyイン・アクション

Grails徹底入門

Grails徹底入門

  • 作者: 山田 正樹
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2008/08/26
  • メディア: 大型本

Grails 徹底入門は正確には Groovy の本ではなく Grails という Groovy を利用したフレームワークの入門書だ。ただし、Groovy の基本的な文法などは簡潔にまとめられている。

雑誌記事としては

Java World (ジャバ・ワールド) 2004年 11月号

Java World (ジャバ・ワールド) 2004年 11月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: IDGジャパン
  • 発売日: 2004/09/24
  • メディア: 雑誌

に 25 ページくらいの特集が掲載されている。本誌は既に休刊しており本として手に入れるよりも、

JavaWorldメモリアルDVD

JavaWorldメモリアルDVD

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: アイ・ディ・ジー・ジャパン
  • 発売日: 2007/06/22
  • メディア: 大型本

を購入した方が良いかもしれない。 Java World メモリアル DVD には Java World 2004 年 11 月号の Groovy の特集も収録されている。

Java World 誌は 2004 年 11 月なので 5 年くらい経過しており、内容が古い面も多いが、基本的な文法はほぼ現在も同じだ。概要をつかむには問題ないだろう。

他には

Web+DB press (Vol.24)

Web+DB press (Vol.24)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2004/12
  • メディア: 単行本

に 9 ページにわたり紹介記事が掲載されているがページ数が少々物足りない感じ。こちらの雑誌を購入するよりは、今なら縮刷版

WEB+DB PRESS 総集編 [Vol.1~36]

WEB+DB PRESS 総集編 [Vol.1~36]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2007/03/30
  • メディア: 大型本

があるので、 WEB+DB PRESS 総集編 [Vol.1~36] を選ぶことをお勧めする。

 

結論としては、日本語の Groovy の本を買うなら Groovyイン・アクション しか選択肢が無いよ!と言うこと。もう少し普及しないかな :-。


タグ:Groovy
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。