So-net無料ブログ作成

Vine Linux 3.0 における jdk1.5.0 の日本語フォントの設定 [Java]

2~3 年くらい前の話。現在は状況が変わっているかもしれない。

Linux で

  • Java で記述された GUI プログラム(Window を表示するもの)
  • Swing を利用している(Java2D を利用しているときも同様だと思う)
とき、日本語が文字化け(□「四角」が表示されてしまう)することがあった。そのときの回避方法の一つをメモしておく。

Java 2 Platform Standard Edition Development Kit 5.0<br> (JDK 5.0) に、

Red Hat Linux のバージョンには JIS X 0201 用の TrueType フォントをデフォルトで持たないものがあり、フォント設定ファイルに JIS X 0201 の定義がありません。回避策として TrueType JIS X 0201 フォントを J2RE の lib/fonts/fallback ディレクトリにインストールしてください。

とある。そこで、 jre/lib/fonts に fallback ディレクトリを作成して TrueType JIS X 0201 フォントのシンボリックリンクを張る。例えば、

$ cd /usr/java/jdk1.5.0/jre/lib/fonts/fallback
# ln -s /usr/X11R6/lib/X11/fonts/TrueType/kochi-gothic.ttf .
# ln -s /usr/X11R6/lib/X11/fonts/TrueType/kochi-mincho.ttf .
とする。すると、文字化けを回避できる。
タグ:Java 文字化け
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。