So-net無料ブログ作成

Linux 向けコマンドのメモ [Linux]

脈絡無く、思いつき。Linux のコマンドのメモ。

/sbin/update-alternatives

  • 様々なシンボリックリンクを変更するコマンド。デフォルトでは/etc/alternativesにシンボリックリンクの一覧がある。これにより、プログラムの複数のバージョンを切り替えたりできる(Java に使えば、j2sdk1.5.xとj2sdk1.4.xを切り替えるのに便利)。
  • 例えば gcc のバージョンを変更するには
    # /sbin/update-alternatives --config gcc
    とする。gccの場合はg++などもバージョンを合わせといた方がなにかと便利。

/usr/bin/a2ps

  •  ascii to postscript.ソースコードなどのテキストを印刷するのに適したPSファイルに変換する。
  • 各行の左端に行番号を出力するには、
    $ a2ps in.txt --line-number=1 -o out.ps
    とする。"1"を変更すれば、N行ごとになる。

/usr/bin/gs

  • gs は GhostScript の略。GhostScript は Postscript/PDF のインタプリタ兼ビュアーである。
  • 例えば、gs を使うと次のように記述することで PostScript ファイルを連結できる。
  • gs -q -dNOPAUSE -dBATCH -sDEVICE=pswrite -sOutputFile=out.ps -c save pop -f in1.ps in2.ps ...

/usr/bin/ssh-agent

SSH-AGENT (1) によると ssh-agent とは

ssh-agent は (RSA や DSA の) 公開鍵認証で使われる認証鍵を保持するプログラムです。基本的には、まずssh-agent を X セッションあるいはログインセッションの始めに起動させ、これ以外のすべてのウインドウやプログラムがそのssh-agent プログラムのクライアントとして起動するようにします。エージェントは環境変数を使うことにより、他のマシンにssh (1) を使ってログインするときに自動的に検出され、認証に利用できます。 

とある。ちなみに bash で使うなら、

eval `ssh-agent -s`

として、起動したあと、ssh-add して認証鍵を追加すればよいらしい。

kplayer

kplayer は、動画や音声の再生ソフトウェア mplayer のフロントエンドである。Windows で言えば Windows Media Player が該当するだろうか。kplayer はプレイリストを xmms みたいにビデオウィンドウにくっつけたりできて便利。
  • kplayer-0.5.1 は gcc 2.95.3 ではなく、gcc 3.3.2 でないと /configure を実行させるたとき qt-mt が存在しないというメッセージが出る。
  • 少なくとも qt-devel、kdelibs-devel が必要っぽい。

ただし、上記は kplayer バージョン 0.5.1 のときの話。現在は 0.7 なので変化があるかもしれない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。