So-net無料ブログ作成

JSP 標準アクション一覧 [exam]

JSP 2.0 の標準アクション一覧。Webコンポーネントディベロッパ(SJC-WC) (SUN教科書) より引用。ただし、斜線部はブログの筆者が追記している。

アクション 説明
<jsp:useBean> Beanの生成もしくはスコープオブジェクトからの取得
<jsp:setProperty> Beanのフィールド値のセット
<jsp:getProperty> Beanのフィールド値の取得
<jsp:include> 他のリソースの取り込み。リソースは属性 page で指定。
<jsp:forward> 他のリソースへの転送。リソースは属性は page で指定。
<jsp:param> パラメータの定義。<jsp:forward>、<jsp:include>、<jsp:params>アクションの子要素として使用可能。
<jsp:plugin> <OBJECT>タグや<EMBED>タグを生成
<jsp:params> <jsp:plugin>アクションの子要素として、パラメータの集合を定義
<jsp:fallback> <jsp:plugin>アクションの子要素として、プラグインが開始できなかった場合に表示するコンテンツを指定
<jsp:element> XML要素を動的に定義。要素名、例えば、"h1" などは name 属性で指定。
<jsp:attribute> <jsp:element>アクションの子要素として、属性を定義
<jsp:body> <jsp:element>アクションの子要素として、要素内容を定義
<jsp:invoke> JSPフラグメントを出力。タグファイルでのみ使用可能
<jsp:doBody> カスタムタグボディ部を出力。タグファイルでのみ使用可能
<jsp:text> JSPページのテンプレートテキストを記述
<jsp:output> JSPファイルがXML構文で記述された場合、出力形式を設定する

タグ:Java SJC-WC 310-081

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。